水を止める事なく給水管に関する工事を行える不断水工法は、かつて特定の業者だけが行なっていた方法です。

でも今では、全国の管工事に携わる会社が実施しています。断水するために前もって周辺地域に告知する必要がなくなったこと、給水車の手配も必要なく施工後の管内掃除もいりません。施工業者の負担が大幅に減った作業方法だから、広く使われるようになっています。施工業者だけが得する工法ではなく、地域で暮らす人や働く人にとってもメリットがあります。断水時間に合わせて水を汲み置きする必要がないし、給水車までもらいに行く必要もありません。

工事の後に茶色い水が出ないか心配しなくても、同じ水質の水を使い続ける事ができます。断水が必要な工事は、道路の掘削や埋め戻しなども含め、何日も行われることが多い工事でした。しかし不断水工法はとてもスムーズに作業を進められるので、以前よりもすばやく工事が終わっています。以前は給水管工事のために何日も道路が渋滞することがあったのに、最近では混雑する通勤通学時間帯を避けた工事が行えるようになったのも、不断水工事で工期を短縮できるようになったからでしょう。

全国で広く不断水工事を行えるよう、工事の方法を考えた会社や不断水工事用の分岐バルブなどを製造している会社が講習会を年に数回開催していることも工法が広まった理由の一つです。便利な方法を特定の会社だけで独占するのではなく、同じ業界の人に惜しみなく伝えたことがよりスムーズな施工を実現させています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *