日常生活おいて、水道水の供給は必要不可欠であり、「断水」が起きることは中々想定できないことです。

これは日本国内の水道関連の技術が非常に高い水準にあることを意味しており、国外からも一定の評価を受けています。今でこそ常時通水状態が当たり前となっていますが、過去においては断水を余儀なくされることもあったようです。例えば水道本管の損傷や分岐工事などの工事に伴う断水です。しかし、現在の生活においてこのような状況は限りなく少なくなっており、その背景には優れた日本の水道工事の発展があります。

このように不断水の状態で工事を行うことを「不断水工事」と呼びます。不断水工事には大きく「分岐工法」と「凍結工法」と呼ばれる方法があります。いずれの工法においても、工事の影響範囲にある水道の使用に支障をきたすことなく工事が可能で、近代の工事において主流の方法です。不断水工事が行われる以前では、分水工事などで断水となるすべての住宅に事前に説明し、了解を得たうえで工事を行うというステップがありました。

郊外の住宅が点在するような環境であれば比較的容易ですが、都市部の住宅が密集するエリアで住民の承諾を得るのは大変な苦労があります。住民の了解が得られても、その先に絶対に稼動を止められない工場や病院があれば、状況に応じて給水車の手配も必要になります。従来の工事に比べて格段と効率的になった不断水工事は、水道工事における技術躍進の象徴のような工事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *