水道の工事を行う時には大きく分けて2種類の方法がとられますが、ひとつは断水をして工事を行うという方法でもうひとつは水を止めずに工事を行う方法です。

後者を不断水工法と呼び、現在では積極的にこの工法を取り入れた工事が行われるようになってきています。なぜなら水を止めてしまう方法と比較して、市民の生活や周辺施設、工場などへの影響が少なく工事に取り掛かり工程を終了させることができるからです。従来は難しかった不断水工法ですが、技術の進歩や工事方法の工夫によって比較的簡単に実現することが可能となってきました。

この工法で工事を行うことには他にもいくつかの利点があります。まずは断水をする必要がないので日常生活に影響がないという利点があります。断水が行われる場合はトイレの水を自由に流すことができなかったり、水道やシャワーを使うことができないなどの不便が生じ、少なからず生活に支障をきたしますが、水が止められなければ普段通りの生活を続けることが可能です。

また病院や介護施設、保育園など不測の事態で水の供給が遅れたときに生命や健康状態に影響を与えてしまいやすい施設は水が止まってしまうと万が一の時に最悪の事態を引き起こしかねません。そういった心配がない点でも不断水工法は重宝されていると言えます。他にも工事後の水が汚れない、自治体にかかる負担が少ないなどの理由があり、現在ではとても重要な工事方法の一つとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *