家の近所で水道工事が行われていた時、住宅への給水が停止しているためトイレが使えないので困るなどと感じたことがある人は多いのではないでしょうか。

水道工事は住宅への給水を安定させる、確実に水を住宅に送るために必要不可欠な工事です。しかし、住宅に給水が行われなくなる時間があると、トイレの水を流せなくなる不安が大きくなります。一般的なタンク付きのトイレであればバケツなどに水を汲んでおいて、用を済ませた後にタンクレバーを回して水を流す、その次にバケツの水をタンク内に給水すれば汲み置きの水の量に応じて数回は使えるわけです。

但し、事前に断水になるための告知を貰っている場合であればこれができますが、数日間家を空けていたなどの場合、水を汲むことができずに生活への不便さを与えてしまう恐れもあります。不断水工法にはいくつかのやり方がありますが、共通することは生活に不便さを与えないことではないでしょうか、生活に欠かせない水は蛇口を捻ればいつでも使える、これは不断水工法で工事を行えば、さらに便利な手法であることが明確です。

ちなみに、水洗式トイレの中にはタンクレストイレと呼ぶものがあります。これは水道管と直結になるタイプで、断水になると完全にトイレが使えなくなります。タンク付きの場合はタンク内に水を注ぎ入れておけば使えますが、タンクレスはこれができませんので断水になることで実質機能を果たせなくなってしまうわけです。その点、不断水工法で工事が行われた時には種類に関係なく利用ができるメリットに繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *