工事を行うとなれば周辺に住む人々や近隣の施設に影響を与えてしまうことがほとんどですし、水道まわりの工事となると場合によっては断水しなければならないことがあります。

現在では不断水工法といって水を止めなくても工事を行うことができる工法が取り入れられるようになってきたので、周囲への影響は減ってきたと言えるでしょう。しかしながら、この工法が取り入れられる前までは断水する必要があり、その度に対象地域の人々は普段の生活を制約されて過ごさなければなりませんでした。

それだけなら良いのですが、もし病院や介護施設といった場所で急に水が足りなくなった場合は命にかかわる可能性が高く問題視されていたのです。一方で不断水工法をとれば、そういった大きなトラブルが起こる心配が解消されるので、とても優れた工事方法だということができます。不断水工法は日常生活や各施設への影響がないばかりではなく、自治体の仕事を減らすことにも繋がるのです。

水を止めて工事を行う必要があるのであれば、自治体は断水のお知らせや終了のお知らせを行わなければなりませんし、工事中や工事後に異常がないかのチェックまで行わなければなりません。けれども、不断水工法であればこれらを行う必要はなくなり、負担が軽減されます。それだけではなく、水道工事を行った後に発生しがちな赤水という現象も避けることができるので、周囲で工事があったからといって水道水が汚れてしまうことが無いという点も魅力的だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *