不断水工法とは、上下水道の配管工事で配管の中を流れている水の流れを止めずに、管の分岐や交換を行う方法です。

現代の社会では水道管は必須のインフラ設備であり、断水になることは大きな影響をその地域に与えます。断水の時期や再給水の時期などを告知したり、断水が長期にわたるときには給水車を手配する必要も出てきます。また、病院や工場など多くの水を利用する施設がある場合は、工事の時期や時間帯などに制限が出てくる場合もあります。そうした断水による影響を最小限に抑えるために考案されたのが不断水工法です。

不断水工法で配管を分岐させたい場合、分岐させる場所に割T字管と呼ばれる管と仕切弁を取り付け、穿孔機で既設管に穴を開けます。穴が開いたら穿孔機を引き抜き、仕切弁を開けて通水を始めます。その他に、交換したい配管の両端を凍結させ短時間で交換し解凍する、凍結方法と呼ばれる工法もあります。このような不断水工法には次のようなメリットがあります。

断水がないため関係する地域への影響も少なく、断水の告知や給水車の手配などの工事に付随する作業が不要になりました。また、断水して工事を行った場合、通水を再開したときに赤錆がはがれ出て水を汚染するため管内の清掃が必要でしたが、清掃の必要もなくなります。それまでの工事に比べて工期を短縮することができるため、人件費等の工事に係るコストも押させることができます。このようなメリットがあるため、現在の水道工事では不断水工法で行うことが主流となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *