水道工事を行う際、いくつかの工法の中から作業のやり方を選択することになりますが、現在では不断水工法による水道工事が推奨されています。

なぜなら不断水工法であれば周辺の水を止めることなく工事を進めることができるので、その地域に住む住民の生活や施設の活動に影響を与える可能性が少なくなるからです。従来は不断水で作業を行うことが難しく、水道工事のたびに水を止める必要がありました。少なからず生活や活動に影響はありますが、短時間の間であれば問題なく工事を済ませることができます。

けれども作業が長引いてしまうと大きな影響となってしまったり、医療施設などで水が不足してしまうと大きなトラブルに繋がる可能性があったため、長年問題視されていたのです。不断水工法で作業を行えば、家庭やオフィス、医療施設や工場といった様々な場所に供給している水を止める必要がありません。ですから近隣で生活をしている市民や働いている人々に影響を与えることなく、水道に関する作業を終了させることができるのです。

また、不断水工事を行うことには自治体の負担を軽くするというメリットもあります。もしも断水を行うとなると自治体が主体となってそのお知らせや終了の伝達を行わなければなりませんし、工事後に異常がないかどうかの確認も必要となってしまうのです。そういった手間が必要なくなるので、市民の生活や施設への影響だけでなく自治体にとっても非常に有難い工法だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *