多くの家庭で水道水を供給している水道管は50年程前に設置されている事もあり、老朽化による水漏れなどのトラブルが心配されています。

一昔前は水道管の修理や交換の際は断水して当該の水道管を交換する為に、事前に地域の住民への告知や給水車の手配に工事が終わった後の管内の清掃など、様々な段取りが必要でしたし普段の生活にも少なからず影響を与えていました。しかし最近では不断水工法と言う工事が特に都心部では主流になっており、日常に影響もなく工事を進める事が可能です。この不断水工法には2種類の方法があり、「不断水分岐工法」では最初に既設管に被せる感じで分岐管を取り付けます。

その分岐管の内側で穿孔などの作業を行う為に、水漏れの発生を防ぎながら工事を行える方法です。もう一つの方法は「凍結工法」と呼ばれており、作業する場所の前後を凍結させて止水します。「凍結工法」ならバルブの無い水道管でも凍結する事でバルブの代わりになるので、バルブが無かったりバルブまでの位置が遠い場合でも問題なく出来る工法です。

また「凍結工法」は水道管のサイズに関係なく出来ますし、曲がっている場合でも適応して工事を行える為に「不断水分岐工法」と比べても幅広く現場で行われている不断水工法になっています。いずれの場合も水道管でのトラブルが発生した時に専門の会社に修理や交換を依頼するのですが、会社を選ぶ際にはネットで口コミや企業のHPをしっかりと調べておくと実績の豊富な会社も見つけられて安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *