住宅内の蛇口を捻れば水が流れて来る、これは生活の中で当たり前のようになっているものです。

最近は節水型のトイレが登場しており、生活費の節約効果にも便利さを与えてくれます。しかし、住宅のトイレが節水型の場合、断水工事が行われてしまうと生活は一変して不便さを感じるようになります。節水型トイレはタンクがないタイプで、水を使って流す時には水道管からの水を直接便器に送り込む仕組みを持ちます。タンクがあればそこで水をためておけばトイレを使うことができても、タンクレスタイプは断水になった時生活への不便さが生じてしまうわけです。

しかしながら、不断水工法は住宅への給水を停止することなく既設の水道管を交換したり、設備の導入工事ができる利点を持ちます。不断水工法は、既設菅に専用穿孔機を取り付けて、穴を開けて新しい水道管を取り付けて工事を行うなどのやり方で、現状のままで工事ができるため、住宅への給水を止める必要がありません。

尚、不断水工法が誕生したことで、水を止めると大きな支障をきたす業界などからの注目が集まり、中でも透析などを行う病院や水が必要不可欠な工場などでは不断水工法が採用されることで普段通りの作業ができるメリットに繋がっているわけです。さらに、不断水工法で工事を行った場合、断水通知を始め工事完了後の洗浄排水、断水工事に伴う様々な障害がなくなること、工事や工期の節減や短縮ができるなど、様々なメリットに活かされます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *