現在、私達が生活するうえで、安定した水源の供給は必要不可欠なものであり、日本国内の水道供給に関する水準は非常に高いと言えます。

今でこそ当然と思える水道水ですが、過去においては水道管の分岐工事などで「断水」が起こることは普通であるといった時期もあったようです。現在では、分岐工事で断水起きることはほとんどありません。その背景にあるのは、水道技術の向上であり様々な工法が発展してきた歴史があります。不断水で工事を行う技術のひとつに「不断水工法」と呼ばれ工法があります。

これはその名の通り工事において水道水を断水することなく分岐を可能にするもので、主なものに「分岐工法」と「凍結工法」ふたつがあり、現在の分岐工事において主流なものとなっています。分岐工法とは、既存の水道管の分岐位置に、「割T字管」と呼ばれる部材を接続し、その接続管の内部においてカッターで既存の水道管に穴を空けて、新設が側の分岐管に水道水を通水する方法です。

凍結工法とは、専門の低温の液体窒素を使用し、分岐管を取り付け、既設水道管の両端を直接凍らせて新設する分岐管に通水を可能にする工法です。この工法により建物全体を断水することなく、ワンフロア内で工事を行うことが可能なため、工場や病院など機能上、絶対に断水することができない場合に有効な方法がこの不断水工法です。過去における断水工事では、影響範囲に住む方への周知や給水車の手配などのデメリットがあったことから、現在の主流である不断水工法の採用により格段に便利になったと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *