不断水工法は不断水下で行う水道工事のことで、通水状態のままで工事を行なうため、多くの人々の生活合生産活動を妨げることなく工事を行なうことが可能です。

この工法が開発されるまでは、水道管工事と言えば断水した状態で行われることが多かったのです。しかし、生活用水や工業用水を止めて工事を行なうため、人々の生活にとても不便な点が多勝ったということが問題として指摘されていました。その後不断水工法が開発されたことで、水を止めないで工事を行なうことができるようになり、今日ではほとんどすべての水道管工事が通水状態で行われているようになりました。

不断水工法は圧送管路において、供用開始後に通水させて分岐設置やバルブ設置を行うことができ、上水道設備だけでなく下水圧送管でも空気弁を追加設置したり、バイパス管路の分岐設置やバルブ追加設置等に用いられています。そこで、この工法の基本的な流れをご紹介してみたいと思います。まず、既設管にバルブまたは割T字管と仕切弁を取付けるという作業が行われます。

そして、仕切弁が開いていることを確認後に穿孔機を設置します。穿孔機のカッターを進めて既設管に穴を開けていきます。穴が開いたら穿孔機のカッターを元に戻して仕切弁を閉じていきます。その後、穿孔機を取り外して分岐側配管が完了後に仕切り弁を開けて通水するという流れになっています。このような方法で不断水工法による工事が行われているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *