すべての生物に必要不可欠な存在である水は、人間の生活にも飲料水としてはもちろんのこと、他にもお風呂や炊事、トイレやビジネスなど、さまざまな場面で活躍しています。

とくに日本は水道が普及しているために水に恵まれた生活様式となっていますが、それゆえに水道管の点検や工事なども頻繁となっています。しかし水道管の点検や工事といえば、時間もかかる上に作業も大変で、水道を止める必要があったので不便さもありました。しかも大規模の点検や工事となれば給水車の手配も必要でしたし、家庭や企業への事前告知はもちろんのこと、工事点検の後も最初は汚れた水が出るので綺麗な水をすぐに使用できないなど、いろいろな支障が生じるケースもよくありました。

そういった水道工事のデメリットをことごとくクリアした新しいシステムとして注目されているのが、不断水工法です。不断水工法は水をとめることなく水道工事や点検が可能であり、T字管と仕切弁および穿孔機を使用する分岐工法と、液体窒素を利用して凍結させることでバルブ代わりにする凍結工法の二種類が存在しています。

そんな不断水工法ですが、基本的に二種類のどちらの方法でも水の流れをとめることなく工事点検が可能で、工事点検中も水道を使用することができます。しかもかつての方法では古いバルブに付着していた赤さびが剥離して水を汚していましたが、不断水工法ならばそういった心配もなく、水も汚れることがないので作業後の清掃の必要もありません。なので作業時間も短くなって人件費も削減できるなど、不断水工法はとても効率的かつ便利な工法となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *