水道工事をするにあたっては断水はつきものとなっており、そのたびに施工するサイドでは周辺住民に対してチラシをポスティングしたり、戸別訪問するなどして断水の予定を周知したり、工事後にも洗浄排水などの処置をしたり、場合によっては給水車を待機させるといった手間がかかりました。

もちろん周辺住民にとっても断水によって生活が不便になるのはかなりの問題であり、その時間帯には料理をしたり、入浴をしたり、果てはトイレを流すのにも不自由してしまうことになります。このような断水にともなうさまざまな弊害を克服するのが、不断水工法とよばれている工事の手法です。

実は不断水工法にもいくつか種類があって、ケースに合わせて適切な工法を採用する必要がありますが、一般的には特殊なT字管と穿孔機によって既存の本管からの分岐をつくるといった内容になります。T字管を取り付けた後で穿孔機によって本管に穴をあけ、弁を開放すれば分岐管に通水できますし、本管のほうの弁を閉じれば断水なしでその部分の工事の施工が可能です。

工事が終われば弁をもとに戻すとともに、取り外しをしてしまえば完了となりますので、従来の断水をともなう工法と比較すると、さまざまな手間が省略できます。もちろん手間がかからないということは、工期を短縮させることにも直結しますので、住民サイドにとっても、また施工サイドにとっても、不断水工法は両方ともメリットがある工法ということができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *