不断水工法というのは、水道管の工事手法の一つで、簡単に言ってしまえば、水を止めることなく水道管の施設工事ができるという画期的なものです。

昔は新たに水道管を施設する場合などは、一旦本管の水を止めてやらなければいけませんでした。しかし、これだと他の家にも断水の影響が及んでしまい不都合が多きいです。不断水工法では、特殊な機器を使って工事をするため、本管の水を止める必要がありませんから断水はまったく発生しません。不断水工法が確立されたことにより断水がなくなったことで、実に様々な恩恵がもたらされました。

まず普段の私達の生活に支障が出ないことが何よりも有り難いことでしょう。料理をするにしても、トイレを使うにしても、お風呂に入るにしても水がないと話になりません。また病院などでは水の供給は死活問題になります。断水が起きないというのは、生活者にとって本当に有り難いものです。水道管の工事を実施する業者にとっても不断水工法を採用するメリットは大きいです。

工事の度に断水が発生していた頃は、断水エリアの住民に告知する手間ひまがかかっていました。一軒一軒家をまわったりしなければなりませんでしたし、配水車などの手配もしなければいけませんでした。これらの作業は工事業者にとっては大きな負担でしたが、不断水工法の確立でこの負担は解消されたわけです。また、工事をしたあとに水道管内部を清掃する必要もありません。そのおかげで工事時間の短縮も達成できコスト削減につながっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *