不断水工法とは読んで字のごとく断水をしないで工事を行うことを言います。

つまり水を止めることなく工事を継続していくことができるという便利な方法で平成になってからできたのと思われるかもしれないですが、平成時代の前の昭和時代からすでに行われていたものです。水は今日では生活をしていく上では欠かすことのできない必需品のひとつとして普及している資源のひとつとなっていますが、水が各家庭や各施設などに供給ができる状態で工事ができるという便利で画期的とも言える工法があり、これが不断水工法と言われています。

不断水工法は、水を止めることなく工事が実施できるため画期的で便利な方法で工事を進めていくことができるものですが、これは昭和30年代のいまから60年も前から今日に至るまでされてきました。もし、水をごくわずかな時間でも止められてしまったのならばいくつもの不都合が生じてしまうものですが、不断水工法による工事をしていくことで合理的にごくあたり前のようにできるということです。

いまではごく当たり前のように自然に行われているためなかなか気付かないものですが、昭和30年代にこのような画期的な方法が発明されたからこそ水を止めるという不都合が生じないかたちで工事ができているということになります。また、配管の老朽化という問題にも対処ができるということも不断水工法を取り入れていくことで安全に工事を進めていくことができるということも忘れてはならないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *