水道管の更新や破損箇所の補修などのために水道工事が必要な場合には、そのエリアを断水した上で施工するのがひとつのセオリーといえます。

しかし今では水道はほとんどすべての世帯に普及しており、短時間とはいっても断水があることによる影響は甚大です。水は家庭内ではトイレを流すこと、バスルームで入浴やシャワーを浴びたりすること、キッチンで料理すること、その他もろもろの役目を果たしていますので、断水によってせっかくの機能を維持することができなくなります。

大人であれば我慢もできますが、たとえば小さな子供がいて粉ミルクを温めて飲ませるといった場合には、お湯が手元になければならず、これは特に大震災による断水などでは過去にもかなりの問題となったところです。そこで考えられるのが不断水工法とよばれるもので、断水にともなうさまざまな問題を解消することが可能です。従来のように断水をする場合には、施工する工務店などではチラシを作って事前に各世帯に配布したり、給水車を配置して水を供給することができるようにしたりする必要がありました。

要するに水を利用する側だけではなく、施工する側にとっても断水の影響が大きかったということになりますが、不断水工法を用いれば、断水をせずに同じような施工をすることができるようになります。不断水工法ではT字管によって水の流れを分岐させ、一方を止水して工事を行い、他方は水を流したままにしておくことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *