水道局が定期的に行うメンテナンスは、水道管の破損の有無を確認することや工事からの経過年数を管理して、老朽化に伴う水道管などの設備交換などが挙げられます。

亀裂が発見された時や老朽化が認められた時には従来であれば断水を実施、新しい水道管設備との交換を行っていましたが、最近は新しい工法が登場しており、不断水の状態で水道管を交換できる不断水工法が作用されるケースが多いようです。不断水工法は断水要らずの工法になるわけですが、手法には凍結によるやり方とバイパスを利用したやり方が一般的と言います。

凍結の場合は液体窒素を使って流れを瞬時に凍結させるやり方になりますが、バイパスの場合は通水状態を維持できるメリットを持ちます。既設菅と並行して新しい水道管を設置し、流れを既設管から新設する配管に通水を送り込み、流れをバイパスし終えた後に、老朽化した配管を取り外すのがバイパスによる不断水工法です。既設管にはバルブや割T字菅と呼ぶ器具、そして仕切弁を取り付け、仕切弁が開いていることを確認した上で配管に穴を開けるための穿孔機と呼ぶ装置を取り付けます。

仕切弁はそのまま取り付けたままになりますが、この弁を開けると既設管から新管に水が流れるようになるので断水することなく新しい水道管などの設備に交換ができる仕組みを持ちます。尚、断水の時にはお知らせを配布したり、給水車を手配するなどが必要でしたが、不断水工法ではこれらが不要になるなどのメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *