私たちの暮らしに役立つものとして、水道工事の際に採用される「不断水工法」と呼ばれるものがあります。

普段は聞きなれない名称ですが、便利な暮らしをおくる上では必要不可欠なものとなっています。そもそも、日本国内の水道水の供給に関する技術水準は非常に高く、海外から見ても恵まれた状況にあると言えます。このあたり前に使用できる水道水について、その要因のひとつとなっているのが不断水工法の存在です。

不断水工法とは、水道管の分岐などの水道工事を行う際に、水道水を断水することなく工事を可能とする工法です。具体的には、「分岐工法」と「凍結工法」と呼ばれるふたつの方法が主流となっています。分岐工法は、既存の水道本管に割T字管をと呼ばれる接続管を取り付け、分岐管を取り付ける方法です。凍結工法とは、分岐管を取り付ける部分の既存水道本管の両端部を特殊な方法で「凍結」し、止水させた後に通水するやり方です。

こうした不断水工法が主流となる前までは、水道の分岐工事よといえば断水が起きることは当然という時期もあったようです。当時は、断水の影響を受けるすべての住宅や施設を訪れ工事内容を説明し、工事の了解を得る必要があります。さらに絶対に断水が許されない施設がある場合は、給水車の手配まで要することもあり、多大な労力を要しています。これらのデメリットを解決できるのが不断水工法のすごさであり、私達の暮らしに役立つ必要不可欠なものになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *