現代生活をおくる上で、便利なゆえに意識しないことのひとつに「水道水の供給」があります。

蛇口を捻ればいつでもどこでも使用できるため、使用できてあたり前という部分もあります。このあたり前とも思える水道水の供給ですが、実際は日本の高い水道技術のおかげでもあり、生活に役立つ必要不可欠なものになっています。このような背景を維持できる理由のひとつに「不断水工法」と呼ばれる方法があります。

この不断水工法とは、水道水を断水することなく工事可能な方法となっており、「分岐工法」と「凍結工法」と呼ばれるものが主流になっています。過去において、水道本管からの分岐工事を行う際は、水道保管の止水バルブを閉めて一旦水を止める必要がありました。その際にバルブの錆が剥がれ落ちで水道管に混入することもあり、衛生上のリスクもあります。こうした問題を解決できるのが分岐工法です。

具体的には既存水道本管に「割T字管」と呼ばれる分岐材を取り付け、その内部をカッターで穴を空けて分岐管に通水する方法です。これに対し、凍結工法では既存水道本管の分岐管取り付け部を特殊な方法で「凍結」し、止水した上で分岐管を接続する方法です。いずれの工法においても、断水による影響を必要最小限に抑えることができるため、過去のような広範囲の断水になるようなことがなくなっています。このように不断水工法は現代生活に役立つ、なくてはならない工法のひとつとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *