水道管の工事をするのに以前では水道を止める、断水を行ってから工事に着手していました。

その為、住民に不自由な思いをさせることとなり、長時間となれば日常生活に支障をきたすことも考えられ給水車を手配したりしなければならない場合も生じています。一度、断水すると再度水を出すときに赤錆や管内の汚れを掃除しなければなりませんでした。住民も断水後、すぐにはきれいな水にならずしばらく水道をひねり、汚れた水を流しきらないと使えないといった事もありました。

現在では断水をしない不断水工法というのが用いられています。不断水工法は、既設の本管に分岐管を分岐や接続し、水の迂回ルートを作って工事が必要な管を交換や修理をする方法です。工事会社は断水をせずに工事を行うことができる為、地域住民への周知徹底や給水車の手配等、空調機器の停止や管内の清掃といった工期やコストの削減になっています。もちろん、不断水工法にもデメリットはあり、水を流したまま工事を行うので、工事中に異物を混入させてしまうとそのまま一般家庭などに流れていってしまう可能性もあります。

その為、本管から分管内の接続を行うときの手順や工法、使用する部品の確認等を事前にしっかり行う事と、工事が終わって水の流れを切り替えるときに正しく行われたかどうかを、きちんと確認する必要があります。工事の作業者にも、一定の技術力や知識がある人が行うか、管理することで安全を守ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *