私たちの生活にとって電気やガスや水道はなくてはならない存在であります。

これらインフラの整備による恩恵によって、安定した豊かな生活を送ることができています。どれかひとつでも欠けてしまうと、多大な影響を生活に及ぼします。住宅の新築や増改築を行ったり、設備機器の大幅な更新や機能の向上を図る場合には、電気や水道やガスの容量を上げることが必要となる場合があります。電気であれば、道路にある電柱から架空配線で供給されていることが多いので、引き込み線のやり直しで対応できます。

ところが水道やガスでは本管が公道に埋設されているので、本管から分岐されている管をやり直すことになります。配管をやり替えるためには、公道の掘削工事が必要であり、既存分岐箇所をプラグ止めした後に分岐部を新たに設けて枝管を接続することになります。公道での工事となるため、作業中の断水や交通通行規制などは避けられません。できる限り迅速にかつ確実に作業を行う必要があります。

不断水工法では、これら諸問題を解決した上で作業ができます。この不断水工法では水道本管に分岐サドルを設置することによって、本管の断水をしなくても分岐配管の接続ができます。不断水工法で用いられる分岐サドルは、水道管理者である自治体の水道担当部局の認定品であり、全国で多くの採用実績があります。作業にあたっては、水道管理者と道路管理者との事前協議の上で、各種申請書類を提出して許可を受けてから施工に着手することが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *