私たちの暮らしやすさに直結する要素として、「いつでも使用できる水道水」が挙げられます。

日常生活の中では特に意識されませんが、この「いつでも使用できる水道水」は、日本の水道水に関する技術水準が非常に高いレベルにあることを意味しています。こうした高い技術水準を維持できる要素に、水道工事の際の断水が極端に少ないことがあります。この背景には「不断水工法」と呼ばれる工法の存在があり、私たちの暮らしにダイレクトに役立つものになっています。

過去において、水道本管から分岐を行う際には、水道本管の止水バルブを閉め一定の範囲で断水を余儀なくされた時期もあります。実際に断水が生じる際には、工事に影響する範囲の住宅や施設をすべて訪問し、一軒一軒了解を得た上で着工する必要もあったようです。さらに、このバルブの開閉を行う際にバルブに付着した錆が水道管に混入することがあり、錆混じりの水道水が出てしまうこともあります。

こうしたデメリットを克服できる方法が、不断水工法です。不断水工法には、「分岐工法」と「凍結工法」と呼ばれるふたつが主流となっています。分岐工法は、既存水道本管にT字型の割込み管を入れて分岐管と接続する方法です。凍結工法は、水道本管を部分的に凍結させて分岐管を接続する方法で、いずれの方法においても断水を必要最小限に抑えることができます。このように不断水工法は、私たちの暮らしに役立つものになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *