重要なライフラインである上水道管を、断水によって水の供給を停止させることは許されません。

住宅や建物の新築や大規模増改築時には、枝管を水道本管から分岐接続して建物まで配管する工事が必要です。この工事においても、水道の本管を断水させての作業はしてはならないのはもちろんであり、採用されているのが不断水工法です。不断水工法では水道の本管に割T字管を設置し、割T字管に付属の穴から穿孔用のドリルで水道本管を開口します。常に本管の内部は水圧がかかっているため、開口の際に出てしまう管の切りくずが本管内部に入ることはなく、外部にはじき出されます。

割T字管には止水バルブが付属されているため、この止水バルブ二次側に取り出し管をつなぐまでバルブを閉めておくことで、水が外部に突出する心配はありません。この不断水工法の原理は、都市ガス本管の分岐取り出しの工事においても採用されています。不断水工法のメリットは、短時間で工事が完了することです。工事が短時間であれば道路の通行規制時間も短縮されるだけでなく、施主負担が原則の上水道の分岐取り出し工事を安価で済ませることができます。

この工法では、分岐管径が13ミリメートルから50ミリメートルまでの管の取り出しが可能です。取り出し管を接続する水道本管の径によって可能な分岐管の最大径が決まるため、工事に着手する前に、上水道管理者である自治体の水道担当部局との協議が必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *