不断水工事とは、既に設置された配管に対して、分岐した新しい配管を新設したり、古くなった配管を交換するときに、水の流れを止めないで行う工事のことです。

始めは、上水道工事について取り入れられましたが、現在では下水道についても行われるようになりました。以前の広報では、水道管の工事に際して水の流れを止める必要があり、周囲に住宅や工場、企業、病院などがあった場合は、生活に大きな影響が出ていました。そのため事前に断水の告知をしたり、工期が長くなるときには周辺の住宅の生活用水確保のために給水車を手配するなどの準備が必要でした。

また日常生活への影響を少なくするために、深夜のみに工事を行ったりして、工期が伸びることもありました。工事を行う場合も、水の流れを止めると、バルブに付着していた赤錆がはがれて水が濁ってしまうこともあり、配管内の清掃をしなければならないことも起こりました。これらは、人件費も含めた工事のコストが大きくなることにつながっていました。

不断水工事が行われるようになってからは、周辺の住宅や工場、企業等に対する影響も少なくなり、工事を昼間・夜間いずれでもできるので工期の短縮ができます。断水の告知や給水車の手配の必要もなくなりました。これらは人件費や燃料費といった工費の節約につながっています。こうしたメリットが多くあることから、現在ではほとんどの配管工事が不断水工事で行われるようになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *