不断水工事というのは、一般的に考えると周辺の住宅の水道を止めて生活に支障を与えないと行うことが出来ないと考えられる水道工事を工法に工夫を施すことによって断水を引き起こして住宅の生活に支障を来たすことなく行うことが出来る方法や断水が発生する場所を必要最小限に限定させることが可能な方法のことをです。

一般的に、水道工事を施工する場合は、工事を施す水道管の前後にあるバルブを閉じて、工事を行う区画の中に水が入り込まないような状態にしてから施工します。このときにバルブが丁度良い場所に取り付けられていれば良いのですが、そんなに都合が良い位置にバルブが取り付けられているとは限りません。工事を施す場所のすぐ近くにバルブが取り付けられているようなことは、ほとんどなく結果的に非常に広い範囲の住宅が断水になり生活に支障を来たしてしまうことになります。

そのような事態を避けるための不断水工事として、水道管を凍らせる方法が挙げられるのです。この不断水工法は工事を施す位置のすぐ近くの前後の水道管を液体窒素で冷却して水道管の中を凍らせます。凍った部分が栓としての役目を果たし、理想的な場所にバルブが取り付けられていなくても水道工事が問題なく行うことが可能になるのです。

この場合は、水道管を凍結させている部分に関しては確かに水の流れが止まっているので、厳密に言うと断水は発生しています。とは言っても断水する範囲をかなり限定させることが可能であるということで不断水工事に含まれる訳です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *