私達が住んでいる住宅では、水道の蛇口をひねれば24時間いつでも水が出てきます。

当たり前のように感じるかもしれませんが、これは水道管の配管工事を行う際に不断水工事という工法が使われているからです。昔であれば配管工事の時には、その周辺の住宅が断水するのが一般的でした。高度成長期で私達の生活水準が高まってきた1950年代後半に不断水工事が開発され、断水する事なく配管工事が可能になり、今や快適な生活を維持するのに欠かせないものとなっています。

不断水工事を行うメリットは色々あります。断水するとなると周辺住宅への告知や給水車の手配が必要になりますが、それらの手間を省けるのが最大のメリットです。もし、断水させて配管工事を行った場合は工事後に水道管の清掃をする必要があります。不断水工事なら、そのような清掃の手間も省けます。従来の工法と比べ、人件費の削減と工事期間の短縮を可能にしてくれた工法だと言えるでしょう。メリットが多い不断水工事ですが、工事中も水が流れているため異物混入は絶対起こさないよう注意しなければいけません。

異物混入を起こしてしまうと私達の生活に悪影響が及ぶからです。また、住宅だけではなく様々な企業にも水は供給されており、こうした企業が生産する商品にも影響が及んでしまいます。そのため、作業の工程や工具の十分な点検・確認をした上で作業を行う必要があります。高い技術を持った作業員によって行う必要があるのは、言うまでもありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *