住宅へとお水を届ける水道管、毎日の生活で使われているのですからいつかは劣化してしまいます。

新たに追加しなければならないこともあります。昔はその度に水を止めていました。そうなると住宅生活への影響は大きいです。日中はもちろんのこと、夜中だってトイレに行ったりなど水を使うことはあります。24時間フル稼働の工場で止めなければならなくなったら、その影響はかなりのものでしょう。でも最近は災害でも起こらないと断水になることは無いのではないでしょうか。それを可能としたのが不断水工事なのです。

不断水工事、読んで字のごとく水を断つことなく行われる工事です。これが発明されたことは、住宅生活に置いても産業界にもかなりの重要なポイントとなります。不断水工事なら日中でもいつでも気にすることなく何時間でも作業を行なえます。普段どおりに水が供給されるのですから、近隣住民から苦情が来ることはないのです。しばらく水を止めていた後に久しぶりに出してみると、汚れていて使えなかった経験はないでしょうか。

水を流さないままの水道管は劣化していきます。空き家にしたら家がすぐに廃れていくようなものです。ただ短期間我慢するだけとは言えず止めることへの影響は大きいのです。直接工事が行なわれるのですから、工事中の汚水やゴミが流れ込む可能性もありました。不断水工事が出来るようになったことで、我々の健康も守られることになったというわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *