不断水工法は、配管に通っている水を断水することなくして、工事を実現できる方法で平常時の利用はもちろんのこと、災害発生時にも利用することができます。

近年は地震・噴火・土砂崩れなどが全国的にも各地で起こり、水道インフラが壊滅的な被害をもたらすことが多いです。水道は飲み水としての利用が想定されているため、綺麗な水が出ることが必要不可欠の条件になります。そのためには綺麗な水がいつでも出るようにしなければなりません。

不断水工法を利用すれば、汚れた水を出すことがないメリットがあるため、安心して飲用に利用することも可能です。なお急速な都市化では、水道配管を地中に埋設し張り巡らせた状態になっているため、その復旧を行う場合には莫大な時間がかかってしまう原因にもなっています。

ただ不断水工法を採用すれば、問題ない配管と問題ある配管の識別を行い、緊急的に水道を被災地にひける場合があります。問題のある配管だけを交換していけば良く、水道を断水せずに交換工事を行うことができるので、簡単に復旧を実現することが可能です。もちろん被災地で水道は貴重な資源であるため、断水を極力、起こさないことが必要となります。その場合でも不断水工法を用いることで、断水を引き起こさないように工事を行うことが可能です。比較的に不断水工事を行う機器もコンパクトなタイプになっているため、運搬にも手間取る心配もなく、しかも現場で構築しやすい構造になっている点でも優れています。災害発生時には多くの場所で利用され、その機器は貴重な存在になっております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *