断水が必要な工事をした場合には施工終了後すぐに水道が使えるわけではありません。

施工後、配管内を入念に清掃しないとならず、また通水してすぐには錆を含む赤水が出るので、しばらくの間は水を流したままにして透明な水が流れるまで放置する作業をしなくてはならないのです。このような不便を防ぐ工法に不断水工法があります。不断水工法は断水をさせずに各種配管工事を行う工法です。不断水工法ならば施工後のこれらの作業が不要になるので、工事にかかる時間や手間が削減されます。この工法には2つの工法があります。一つ目は凍結工法です。

沸点-196℃の液体窒素で一時的に配管内の水を凍らせてバルブの役目をさせます。この方法により断水することなく、短期間での施工を可能にしています。液化窒素は液化空気の分留により工業的に大量に製造されているため、比較的安価に入手可能です。二つ目は分岐工法と言い、これは、既設圧送管の分岐取付部分の掘削後、既設管に設置可能な分割型のT字管を取り付けた後に仕切弁を取り付ける事により、断水個所を限定する方法です。

穿孔機のドリルを使用して既設管に穴を開けるため、切り屑が水圧で外に押し出されるので配管内が汚れる心配もありません。不断水工法を用いれば、従来なら全館断水の上で施工してた配管工事も、部分的且つ短時間の断水で工事ができるという大きなメリットがあるため、近年の配管工事では非常によく利用されるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *