不断水とは、日常生活で決して止めることの出来ないライフラインの一つである水道に関することで、水の流れを止めることなく必要な配管工事を行う「不断水工事」を意味しています。

当初は上水道の配管設備工事向けに開発されたテクノロジーで、現代は下水道工事においても広く執り行われています。工事に伴い、古い既存の水道バルブを動かし一定時間水道を止めることで以前は工事終了後の水道水に茶色い汚れや赤錆が多量に剥離流れ出てしまう水の濁り問題が多く発生しました。

水道バルブの場所によってはで広範囲に及ぶ断水も避けられず、周辺に暮らす住民への告知や対策も十分に講じる必要性がありました。部分的断水に関しては避けられませんが、工事は大きく分け、凍結工法と分岐工法の2つがあり、凍結工法とは工事を執り行う配管の両端を液体窒素を用い凍結させるものです。

水道バルブの有無に全く左右されることなく工事が可能なもので、主に大型商業施設等営業時間内に執り行われる配管工事に適します。一方の分岐工法とは、既設備配管に専用穿孔機のドリルを用いて穴を開設する工法で、穴開けによる金属片は全て水圧を利用し、穿孔機内部へと回収される安全なものです。近年各水道菅路専門企業が、webサイトで不断水工法を詳細に公開しており、必要な補修材や用途に応じた継手並び管材を製品紹介しています。不断水工事は多くの水道配管工事の期間・時間短縮に貢献する工法であり、コストダウンを可能にした素晴らしい日本の配管技術と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *