従来の水道工事では、水道管路から分岐管を取り出すために断水を行っていました。

しかし断水時に分岐管を取り出す箇所の近くに既設のバルブがなければ、断水による影響が広範囲に及んでいました。またこれらの影響により日常生活用水が利用できなくなるなどの支障をきたす事例も認めました。不断水工法はこれらのデメリットに対応すべく開発されたものです。不断水工法は特殊な管および弁を使用することで、断水をせずに水道工事が可能となりました。生活用水停止に伴う貯水などの手間や、病院・施設・工場などへの配水停止による支障が解消し、水道工事が行われている間も、普段通りの生活や工場などの運営を行うことが可能です。

この工法にはいくつか種類があります。不断水分岐工法は、ヤノT字管と専用穿孔機を使用して、既設本管から穿孔して分岐管を作る工法です。不断水によるメリットの他、工事や工期の節減および短縮にも貢献します。

コンクリート壁穿孔工法は、コンクリートの壁に短管およびバルブを設置し、コンクリートを穿孔して分岐管などの取り付けを行います。主に浄水池や配水池の増設に伴う連絡路の設置に用いられます。これらの工法により断水に伴う周辺地域の手間や不便などがなくなり、効率的な水道工事が可能となりました。また、これまで工事周辺の自治体が負担していた事項も解消するなど、多くのメリットをもたらしています。工事中・後でも変わらず、清潔な水を使用し続けることができる、画期的な工法が不断水工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *