自宅の近くで水道工事が実施される時には、通常工事のお知らせが配布されてきますね。

そして、病院や学校、介護施設などがあるエリアの場合には、水が利用出来なくなると困りますので、給水車が準備されたりして大変な費用がかかります。断水になると日常生活にも支障が出てしまいますから、困りますよね。しかし、実は断水にならないで水道工事をすることが出来る「不断水工法」という手法があるのです。これは、現在使用している水道配管の側面に別の配管を設置して、工事をしている期間だけそちらに水を流し、空になった配管を工事するという手法です。

このような不断水工法を採用すれば、水の流れはそのまま保たれますので、給水車を用意することも必要ないですし、近隣への周知もしなくて良いのです。不断水工法には、その他にも一時水を凍らせる方法などもありますが、その時の場所や状況によって適した方法は変わります。どちらにしても、不断水工法を利用することで、工事の時間も短縮されますし、経費が削減されますのでお勧めです。水道の水質をきれいに保つためにも、定期的な補修や清掃をすることは大変重要です。

せっかく自治体の水道局でキレイな水を提供していても、水道管に問題があれば元も子もありません。公衆衛生面でも水道工事は大切な工事ですので、効率よくしっかりと確実に行っていかなければなりません。不断水工法を上手に利用していくことが、今後はさらに求められてくることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *