給与を日払いで受け取ったときの税金

給与を日払いで受け取ったときには、その事業所にもよりますが一般的に所得税及び復興所得税は源泉徴収されています。

そのため、改めて納税をする必要はない場合が多いです。ただし、本業が別にあって副業として働いて得た収入などは確定申告をしなければいけないケースがあります。給与の日払いを複数箇所で受け取った場合にも同じことが言えますので、確定申告の時期が来たら確実な申告を行わなければいけないです。働いて得た収入を正しく申告し、正しく納税を行う必要があります。

給与を日払いにより受け取った場合で、その事業所だけであっても源泉徴収票の発行をしてもらうことが重要です。所得税などが多めに差し引かれている場合があり、医療費控除などを適用することで所得税などが少なくなる可能性があります。反対に、本業で相応の収入を得ている場合には副業も申告することで、追加で納税をしなければならない場合もあり得ます。正しく収入や控除などを申告し、正しく納税を行うことがとても大事です。

分からない点は早めに確認を行うことで申告時期の慌ただしさを緩和することにつなげられます。源泉徴収票も労働者側が求めれば発行しなければならないものですので、働いた先に対して求める必要があります。確定申告では全ての収入や控除を計上することが大事ですが、複数箇所で働いた場合には全ての事業所から源泉徴収票を得ることが必要です。申告時に合算して書類を提出することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です