離職防止の具体的な取組み

団塊世代の大量退職や少子高齢化の時代に、若者の離職防止は喫緊の課題です。

離職は人材不足をもたらすだけでなく、人材不足が働きづらさに加速をかけて優秀な人材の流出につながってしまいます。従業員は企業にとって大きな資産です。人を育てることが企業を成長させていくことになります。折角プロとしてできる人材にまで育成したのに、働く条件や立場等がいいからと中途で即戦力を奪われてしまっては大きな損失です。逆に離職が少ない企業は、就職活動をする若者にとっても働きやすくやりがいがある企業というイメージをもたれて、優秀な人材が集まりやすくなるという好循環が起きるでしょう。

離職防止の取組みで、まず実施することは離職の原因を分析することです。勤務時間の長さによって、うつ病を発症してしまうのでは管理職の見取りが甘いということになります。チーム内のコミュニケーションがうまくいかないことや人間関係が原因になっている場合は、組織をあげて良好なコミュニケーションがとれるように専門家に相談することが必要です。

給与水準が低いことも大きな原因と考えられますが、給与が少なくても働きがいややりがいを感じることで離職防止になります。上司が部下に期待するべき事を伝え、自由裁量のエリアを明確にし、仕事を任せてやりきらせて成し遂げた肯定感を高めることで、仕事へのモチベーションもあがっていきます。働いている人は何らかの不満を大なり小なり抱えていますが、その不満を分析して取り組んでいくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です