離職防止対策を行わないと企業リスクが高まる

企業にとって、人材確保のために離職防止対策をおこなうことは急務であると言えるでしょう。

なぜなら社員の定着率が悪いということはさまざまなリスクがあるからです。ここでは、離職防止対策をしないことで発生するさまざまな企業リスクを挙げて見ていきたいと思います。まず「新たな人員補充にかかる時間と費用」の問題です。スタッフが減れば当然、その補充要員を募集しなければならなくなり、募集広告費用や採用のためのコスト・教育費用などが新たに派生します。新人に教えるために先輩従業員が指導に当たる場合もあり、その分の負担が大きくなります。

次に「今いる社員の仕事量が増える」可能性もあります。退職したスタッフを補充しない、あるいは補充するまでのブランクができることで、現在いる社員の仕事量増加により就労環境が悪化することがあります。それが生産性の低下や、モチベーションに影響する可能性が出てくるのです。しいては、新たな離職者を生むなどの悪循環におちいることもありますので、注意が必要でしょう。

さらに「自社の問題点に気付くチャンスを逸する」という点が挙げられます。離職防止対策は従業員確保が目的ですが、その課程で企業が抱えるさまざまな問題点が浮き彫りになってくることが多いのです。早いうちにそれに気付き対策を講じることは総合的に企業力アップにつながります。そして、「企業イメージの低下」も大きな問題です。社員の定着率の良し悪しは、その会社そのもののイメージを左右します。つまり、離職防止対策をしっかりすることは社員を大切にしていることにもつながり、それが好循環を生む結果となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です