離職防止の対策について

離職防止について、上司は対策をとる必要があります。

職場環境や労働条件はすぐに変更することができなくても、対策で離職率を下げることが可能です。まずはアンケートを行い、従業員の気持ちや不満を知ることが大切です。よい人材を定着させるには、問題点がないかを点検したほうがいいからです。離職率が低い企業は、休暇がとりやすくコミュニケーションが活発な会社です。評価制度もしっかりとしていて、社員の不満が少ないのが特徴です。長時間の残業や休日出勤を、どうしたら改善できるかを考えることは大切です。

それは勤怠管理システムを取り入れることによって、社員の働き方をよくすることが可能です。負担がかかっている社員がいないかどうかを、データで把握することが必要です。もしもシフトを作成するスタッフが大変なら、業務を軽減することができます。給与計算と連動できるシステムも有るので、経理の仕事の人数を減らすことができます。

シフトや経理の業務だった人を、忙しい業務の人をサポートすれば、残業時間は減ってきます。テレワークの導入も、離職防止に欠かせない働き方で社員の評判がいいのが特徴です。わざわざオフィスに行かなくていいので、交通費の節約にもなります。労働時間短縮になるので、優秀な人材を確保できます。結婚した女性の離職防止にも、効果を発揮するでしょう。企業がワークライフバランスを重視していると評判になると、イメージもアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です