出産・育児による離職防止に取り組む

仕事の経験が長い女性が出産・育児によって、現場を離れると企業にとっては損失になります。

離職防止の対策は、環境を整備する必要があります。出産・育児で休業する場合は、気軽に相談できる窓口を設置してくれると利用しやすいです。さらに、本人や上司・人事担当者と面談し仕事内容や働き方について話し合うことも必要。復職時にはフレックスタイムや・短時間制度など柔軟な働き方ができるように導入することが大切です。テレワークの導入も、女性の離職防止に力を発揮します。

通常のオフィス勤務とは違い、通勤時間がなくなりお子さんを保育園に預けている女性も助かります。育児ストレスなども軽くなり、柔軟な働き方が可能です。男性社員もテレワークを取り入れると、育児に参加できるようになります。新しい人材を確保するためには、採用に関する経費も必要になります。出産や育児中の離職防止対策ができれば、コストを下げてプロフェッショナルな人材を育てることができます。

テレワークの導入が有名になれば、新卒社員を募集するときも優秀な女性が集まってくるのが魅力です。育児によって、フルタイムで勤務ができない場合もチャットやオンライン会議使い短時間で働くことも可能です。子育てが終わった後もスムーズに、会社での勤務ができて生産性の工場にもなります。企業はテレワークを導入するときに、セキュリティをしっかりする必要があります。コミュニケーション不足になるケースも多いので、オンラインで集まることも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です