こんな福利厚生が離職防止を助ける!

転職がどちらかと言うと少なかった時代に比べて、今やステップアップや会社の社風が肌に合わないという理由で転職をするのはめずらしくない時代となりました。

しかし、それは企業にとっては損失を意味することにもなり得ます。何故なら会社は新入社員を一人前に育てるために、莫大とも言える費用を掛けているからです。コストを掛けて戦力となった新人が会社を辞めてしまったら、企業はまた最初から新人教育を行わなければなりません。そこで企業は離職防止の対策を考えなければなりませんが、そのひとつとして有効なのが福利厚生を充実させるということです。

現在では、新卒に限らず転職を考える多くの人が志望する会社を選ぶ際に給料だけに注目をするという訳ではありません。昔に比べてプライベートの生活を重視する風潮は若い人ほど増加しています。福利厚生として考えられるのは、会社の保養所や有給休暇といったことですが、その他にも給与の前払いシステム等を離職防止対策として組み入れている会社もあります。

このシステムは働いた分だけ決められた給料日よりも前に支払ってもらえるという制度で、多くの従業員から高い支持を得ています。実際にこのシステムを適用してから求人の応募者が増えたという会社がたくさんあります。求人が増えれば優秀な人材を確保出来る可能性が高まります。そして福利厚生が充実しているという居心地の良さが、せっかく育てた人材の離職防止に大いに役立っているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です