人材不足を防ぐ離職防止策

昨今では人材不足が社会問題として話題になることがありますがその原因として少子高齢化と団塊の世代の退職が挙げられ、人材が新しく入ってこないのに減っていくという状況に陥り在籍している社員にはこれまで以上に負担が大きくなり、結果として残っていた社員も離職していくという負の連鎖が起こります。

特に社員数の少ない中小企業ほど離職防止を意識しなければ企業として成り立たなくなることが考えられます。社員が辞めてしまうことはある程度仕方のないことですが大切なのはその理由を知り、同じ理由で同じことが起きないように離職防止策を講じることです。離職率が高いと社員からの求心力に影響が出てくるだけではなく、辞めた社員がネットで会社についての口コミを書くとそこから情報が拡散して、会社に興味を持ってくれた人もそれを見たことによって辞退するという人材確保の機会さえ失いかねません。

従業員が退職を考える要素には、職場の人間関係・給与や休日などの労働条件が多く挙げられています。会社ができる離職防止策は様々ありますが、人間関係については定期的なカウンセリングなどを行うことによってある程度の改善は期待できますし、対応が早ければ即効性も期待できます。

また、労働条件については会社の状況を見ながら今のままで適切なのかを見直すことで改善できますが、その際雇用者側で一方的に判断するのではなく従業員が今の状況について不満に思っていることはないかなどをしっかり考慮しなければ逆効果になることもありますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です