離職防止のためにできる対策

人材の確保とともに対策が急がれるのが、今在籍している戦力となっている従業員の離職防止です。

従業員が退職を決意する主な理由は、給与の水準が自分の能力に比べて低いこと、仕事への興味がないことや薄れてしまっていること、人間関係がぎすぎすしていることや悪化していることなどが挙げられます。それで、離職防止のためには、職場環境の整備・労働条件の見直し・人間関係に焦点を当てて改善を進めることが大切です。

まず、職場環境の整備のためには、従業員へのヒアリングの機会を設けて、多数の方が働きづらさを感じるポイントを洗い出すことが必要です。加えて、労働条件の見直しのためには、経営サイドや管理職などが現状を認識して、会議の場を設けて真剣に議論することが必要となるでしょう。離職する理由として大きなウェイトを占めるのが人間関係の問題です。仕事自体は不満がなく、能力を発揮してくれる従業員を、そりの合わない上司や付き合いづらいと感じる同僚がいることで仕事へのモチベーションに影響し、職場を離れてしまうことも少なくありません。

それで、人間関係の悪化を改善するのに人材配置に気を配ったり、コミュニケーションが円滑になるよう対策を立てることができます。実際に離職防止対策を喫緊の課題として取り組まないと、退職した従業員のために今いる従業員の業務負担が増したり、労働環境が悪化する懸念があります。加えて、従業員の離職をあらかじめ予期して対策を考えることも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です