日払い給与の特徴について

日払い給与とは、通常だと月に一度の給料日を待つことなく申請することで働いた分の金額が一部先に支払われることです。

もとはイベント業務など1日単位の仕事で導入されてましたが、近年は首都圏を主に飲食業やコールセンターなど人材不足に悩む業界で導入が進んでます。人材応募増加や定着率が上がる効果があると言われてますが、実は給与の日払いや週払いはかなり前からあって、金銭的に余裕がない方のための仕組みと考える人も多いです。ただ、今はそれも違ってきていてイベント・工事・短期作業など増えてきた仕事もあり、またEC関連の業務でもこのサービスが広がっていてこれまでより多くの人材が短期間の作業が多い仕事をしていたりします。

物流関連業務やイベント、警備などの毎日現場が変わる仕事で働いている人は増えてます。この業界だと給与の日払いの仕組みも定着していて馴染が深いです。これ以外にも現在はスマホが主流になっていて特に若い人だと、殆どの人がスマホを持っていて多くのことをこの端末で行っていたりします。給与の日払いに関しても、今では簡単にスマホから登録が出来て前払いの申請も行えるため、従業員は手軽に利用することが出来るので便利です。前は、前払いとなると上司に事情を説明してから、許可を得てからさらに経理担当に頼み込むなどかなり手間がかかっていましたし、これだと先に支払ってもらうにも気が引けます。サービスを提供している会社を利用すれば、給料の管理も一括で行えてしかも上司などの承諾を得なくても利用が出来るので手間などもかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です