給与の日払い方法の内容

人間が一定水準の生活を送るためには収入が必要であり、この収入を得るために多くの人が実行しているのが労働になっています。

これは企業や団体などに所属して求められる労働力を提供して、その対価である報酬である給与を受け取るというものです。給与は一か月を単位で労働時時間を計算して報酬を支払うというのが一般的であり、一か月が基本になっているので月給と呼ばれています。月給では一か月に一回して収入を得られないため、個人的な状況からそれでは対応できない場合もあるでしょう。そのため企業側は労働者側のこの動向に配慮して、期間を短くして報酬を支払う制度を導入するところがあり、その中で最短になるのが日払いになっています。

これは一日分の労働力だけで報酬を計算し、それを当日や翌日に支払うという方法です。日払いでは保険料などが計算できませんが、取得税は一か月分の給与がどれくらいになるのか予想した後、それを日割りで天引きするというやり方で天引きすることが多くなっています。その理由は保険料や税金も決められた期間で発生した収入額で算定されていますが、その期間は一日という単位では無いからです。この方法では当然に多く徴収されたり、実際に払わなければいけない税金や保険料が徴収されなくなっているので、確定申告や年末調整といった方法で調整するようになっています。日払いは特定の業種だけで採用されているシステムであり、採用していない企業では申し込んでも対応してくれません。それは企業側からすれば手間がかかり正しい申告ができないからであり、給与が日払い以外の方法でも仕方が無いという考え方を持つようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です