福利厚生としての給与前払いシステム

新型コロナウィルスの蔓延によって仕事の量が減ってしまい、生活に困っている人はたくさんいます。少しでも早く現金を手にしたくて悪質な給与ファクタリングの被害に遭ってしまう人も少なくありません。給与ファクタリングでは高額な手数料を徴収されるため、一時的にお金の問題が解決したとしても、次の振り込み日にはまたお金が足りなくなってしまい、悪循環に陥るケースが目立ちます。企業にとってはそのような悪質業者から従業員を守る意味でも、福利厚生として前払いシステムの導入を行ったほうがメリットがあるでしょう。

給与前払いを実現してくれる会社はいくつもありますが、多くが企業側の負担をゼロで、手数料を前払いシステムを利用する労働者から徴収しています。手数料もファクタリングのように違法な金額ではないため、安心して利用できます。金欠の悪循環には陥りにくいものの、本来の給与支払い日での入金額が少なくなってしまう点には注意が必要です。労働時間を制限しているのであれば、同時に副業を認めるなど、労働者の生活を守っていく動きを示すことも大切です。

時間があるけれど働くこともできないのはとても不安になるものです。ダブルワークを認めてしまうことで本来の仕事に集中できなくなると考える人もいますが、時代の変化についていけない企業もまた淘汰されます。このコロナの時代ではリモートワークに移行した人も多く、働き方そのものが変化をしているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です