給与の前払いを考える

給与の支払いはどこの企業でも会社の支出の中で大きな割合を占めています。ですので何とかしてこの金額を小さくしたいと考えている企業は多いでしょう。ですが、従業員の支払額を減らすことは簡単な話ではありません。もしも誤った形で減額を行ってしまうと、従業員のモチベーションを大幅に引き下げてしまうことになります。

優秀な人間は会社を去って同業他社に出て行ってしまう危険性もあります。また残った社員もやる気のない状態で会社に不満を持ちながら仕事をしていくことになります。さらには、求人を出しても会社の評判が悪ければなかなか人が集まらず、非常につらい人材難の状態になってしまいます。そうした事態を避ける形で給与を下げる方法として、給与の前払い方式を法主体系に組み込む会社が増えてきています。

通常の固定給を特別に数週間早く前払いする代わりに、通常払う金額の数パーセントを手数料として徴収する方法です。こうした通常より少ない報酬を受け入れる人はなかなか存在しないだろうと考えるかもしれませんが、常に急ぎでお金が必要な人は一定数いるものです。おかげで数パーセント程度、給与の支払額を抑えることができた企業はちらほらあるようです。人件費の見直しは非常に難しく慎重を期さなければなりません。

そうであるからこそ前払い方式を導入して、自主的に従業員が受取額を小さくするという形にすれば、大きなリスクを取らなくても人件費の抑制が可能かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です