フリーランスは個人の能力を活かせる

会社員として働いている間は、会社という組織の中で役割分担をして日々の業務をこなしていれば、一定の給料を受け取れました。しかし、フリーランスとして独立すると、自らが稼ぎ出した利益を収入源とするので、個人の力量により収入に大きな差が出ます。会社内では、いくら多額の利益を生み出せたとしても、給料として受け取れる金額は2割前後あれば良い方でしょう。フリーランスならば、得られた利益の全てを自分で獲得出来る点が魅力的です。

個人の能力を遺憾無く発揮出来る点が、フリーランスとして働くメリットですが、全ての業務を自分でこなす必要に迫られます。一部の業務を外注することで、重要な仕事のみを自分で行なうことも可能です。しかし、外注に関するノウハウを持っていなければ、外注に頼んだ分の納期遅れが全体のプロジェクトに与える影響は計り知れません。フリーランスで働く際には、個人の能力を最大限に活かせる代わりに、苦手な分野の業務も自ら行なう必要があるので、オールマイティーに何でもこなせる必要に迫られます。

毎月の収支よりも、年間を通した収支をどこまでプラスに出来るかが勝負となるので、フリーランスとして独立する際には、業務内で必要とされる知識を全て身に付けておく必要があります。最低限の知識しか無い部分を、営業開始後に常に埋める作業が必要となるので、独立開業後も勉強を絶えず行わなければならないでしょう。リターンが大きい分だけ、リスク管理が重要です。離職防止のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です