フリーランスとアルバイト

フリーランスの仕事を始めた時は、収入が安定しません。収入が入ってこなかったら、家賃の支払いなどが難しくなるので、対策を考える必要があります。短時間のアルバイトをするのは、良い方法です。フリーランスの人は、時間を自由に使えます。

仕事をする時間を大切にすべきですが、それ以外の時間をアルバイトにあてるようにします。フリーランスの人に向いているアルバイトは、意外に多くあります。例えば、軽作業は働きやすいです。梱包やピッキングなどの仕事を担当します。

する人が不足している仕事なので、採用されやすいです。意欲があったら、問題なく採用されます。今の仕事や以前の仕事について、詳しくたずねられることはありません。ただし、毎日に働くと体が消耗するので、週に3日程度が適当です。

夜間の仕事もあります。夜間だったら、時給が高くなりますが、肉体的な疲労が大きくなるデメリットがあります。夜間の軽作業のアルバイトをするときは、検品を選びましょう。検品だったら、すわってできるので体への負担が小さくなります。

検品は完成した商品の状態を調べる仕事です。学力に自信があったら、家庭教師もお勧めです。家庭教師は時給が高いので、短時間で多くのお金を稼げるようになります。地域によって異なっていますが、時給は1500円以上のことが多いです。

働く時間は1日に2、3時間なのでフリーランスの仕事の合間にできます。学力試験を突破できたら、採用される可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です