フリーランスの特徴と種類

フリーランスは、会社などに専従することなく、自分で仕事を見つけるという働き方です。メリットとしては、好きな時間・好きな場所で仕事ができることや、自分で仕事を選べること、そして会社勤めのように人間関係に煩わされることがないということなどが挙げられます。しかし一方で、収入が不安定であることや、確定申告が面倒であること、そして社会的な信用が低くなってしまう場合があるといったデメリットもあります。ですので、フリーランスを希望する際は、以上のようなメリットやデメリットをよく知った上で自分に合った仕事を探すようにしましょう。

次にフリーランスの種類としては、ライター系やデザイン系、そして販売系などがあります。まず「ライター系」は、クラウドソーシングなどを通じて記事を書いたり、自身でブログの運営を行うといった仕事になります。ライター系の仕事は、パソコンさえあれば始めることができるため、誰でも取り組みやすいということがメリットだと言えるでしょう。次に「デザイン系」は、会社のロゴを提案したり、ウェブデザインを手掛けるなどの仕事になります。

当然、デザインのスキルは必要になりますが、初心者でも取り組みやすく、一件あたりの単価がライターの場合より高いという特徴があります。そして「販売系」は、実際にものを売ったり、情報商材を売るといった仕事になります。ネット上に設けた自身のサイトで販売を行うため、実店舗を用意する必要がなく、広告費も安く済むといったメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です