フリーランスに求められているものを知る

会社員とは異なり、フリーランスとなってからは自分で仕事を取ってきて、作業をして納品から請求まで行います。全て自分で行なう分だけ利益を100%自分のものに出来るので、頑張り次第では会社員時代の給料を遥かに超えた高収入も可能です。ダラダラと仕事をしているつもりになっているだけであれば、収入は納品した量に対して支払われるので、収入は激減するでしょう。フリーランスは、全てが自己責任な分だけ自己管理能力が必要となってきます。

フリーランスは社会的信用が低いと言われることがありますが、安定性という面では会社員に敵いません。収入の不安定さがある代わりに、大きく売上が上がった時には莫大な利益が入ってきます。会社員時代には自分で稼いだ利益は一旦会社内に入り、給料という形で僅かな金額が手元に来ます。稼げなかった月でも給料が一定ですから、安定はしますが収入が伸び悩むことは確かです。

経営力だけでなく、儲かると分かった時点ですぐに動ける判断力と行動力があれば、フリーランスにとって大きな武器です。じっくり検討してから、ゆっくりと仕事をする方法も確かにありますが、一気に稼ぐことが出来るかどうかがその後の経営判断力に影響することが少なくありません。即断即決出来る人ほど、人望が厚く仕事依頼が次々と入ってくるものです。会社員とは異なり、フリーランスでは、自分自身が大きな仕事上の武器となるように、自分自身を磨くことも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です