フリーランスは歳をとっても働ける

フリーランスの仕事には、いくつかのメリットがあります。歳をとってからの働けるのは、フリーランスの大きなメリットです。会社に勤めていたら、定年があります。定年が来たら、必ず職場を去らなければなりません。

収入もなくなってしまいます。しかし、フリーランスの場合は、自分が健康だったら70代になっても働けます。歳をとったら、体力は衰えていきます。若いときのように長時間働くことはできないでしょう。

それでも、自分のペースで働けば、仕事は続けられます。1日に3、4時間程度働いても、一定の収入を得られます。歳をとったら、年金をもらえるようになります。しかし、年金は年々少なくなっています。

年金ばかりに頼っていたら、生活が苦しくなることもあるでしょう。そのような時のために、収入を確保できる手段を持っておくことは重要です。フリーランスの仕事で大切なことは、人とのつながりです。それがあったら、歳をとっても仕事はできます。

それまでの実績を大切にして、クライアントと良好な関係を保っていれば、仕事を依頼されることはあります。どんな人でも、未経験の人よりは経験のある人に仕事を頼もうと考えるからです。フリーランスは柔軟に働けるメリットがあります。発想も柔軟さを保つようにしましょう。

歳をとってから同じ仕事をする必要はありません。それまでの自分の仕事で得たノウハウを、若い人に教えることもできます。その教えることによって、報酬を得るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です