千葉県内での葬式の流れ

subpage01

千葉県内で葬式をする場合、ある程度は標準的な流れがありますので、覚えておいても損はないといえます。同じ千葉県内とはいっても、地域によって細かな風習の違いがある場合もありますが、現在ではどちらかといえば、このような風習は希薄になってきています。

千葉県内の葬式としては、通夜と告別式の両方があるのが一般的です。

最近では流行になっている、家族や親戚、その他の親しい人だけで執り行う家族葬などの形態の葬式では、通夜と告別式をいっしょの日取りにしてしまうこともありますが、例外的といえます。
弔問をする場合、通夜と告別式の両方とも参列するのが基本ですが、所要ではずせない場合には、通夜か告別式のどちらかに参列し、その際に香典も受付に渡すことになります。
通夜と告別式では、それぞれ導師として菩提寺の僧侶が呼ばれ、読経をします。

そして、弔問客は、順番に霊前において、焼香をするのが例となっています。

告別式の場合は、最後に喪主から全体の弔問客に対してあいさつを行ってから閉式となります。このあいさつについては、特に定型文があるわけではありませんが、亡くなった人の生前の生い立ちや業績、人柄などを述べたり、弔問客に対しての感謝の意を述べるのが通例です。

千葉で葬式に関連した書きかけ項目です。

告別式のあとに出棺となり、火葬場で火葬に付されますが、火葬には家族や親戚だけで立ち会うのが普通です。



千葉県内でも都市部以外では、通夜のあとで火葬をしてしまい、告別式の際にはすでに火葬が済んでいることもあります。